カーセキュリティ

Grgo

ユーザー様の駐車環境を考慮し3つの警戒モードが、選択出来る利便性も向上したシステムで愛車の防犯効果を網羅。
多彩なラインナップに加え、お車の異常を感知すると手元のリモコンに通知が来るアンサーバック機能や、各種センサなどのオプション追加により上位モデルへグレードアップ可能なカーセキュリティ。

Grgoシリーズ

GrgoZXⅢ

GrgoZXⅢ

GrgoXⅢ

GrgoXⅢ

ユーザー様の駐車環境を考慮した3つの警戒モード

3つの警戒モード

誤警報はセンサ感度と周囲の環境(外的影響)のバランスが悪いと発生しやすくなります。
たとえば日中と夜間、会社と自宅など、異なる駐車環境下では、外的影響が異なるために誤警報が発生します。
従来のカーセキュリティは、その都度、感度を調整するかセンサをバイパスして警戒していましたが、センサをバイパスしてしまっては、せっかくのセキュリティ効果を充分に発揮できません。
「Grgoシリーズ」は実際の使用状況に応じて、日中・夜間(自宅・会社)等の駐車環境の違いを考慮して、ショックセンサ・トリプルセンサ・マイクロ波センサの感度をそれぞれARM1感度・ARM2感度として、独立した感度調整で、時・場所に応じた警戒モード(センサ感度)を選択できます。
※ARM1・2で不要なセンサをカットした設定もできます。
※ARM1・2・3はリモコン操作で簡単に切り替えることが可能です。
※ショックセンサ、トリプルセンサは弱衝撃感度のみARM1・2の感度設定が可能です。

史上最高の通信性能
常識を超える高性能通信技術採用。独自の通信アンテナ、S/N比改善プログラム、データ通信解析プログラムの採用で、国内電波法適応品では最高レベルの通信性能を実現。万が一に備えて、より遠くに、より確実に最高のセキュリティにふさわしい通信機能をご提供いたします。
クイックリカバリー
Grgo販売取付店は最高の性能を引き出すために、機能設定や感度設定を行いますが、必ずしもお客様の駐車環境とマッチしているとは限りません。
このような時でもリモコンから機能や感度を変更することができます。
また万が一お客様が誤った設定をしても、クイックリカバリ-機能により、インスト-ラ設定値に戻すことができ安心です。

全国自動車用品工業会自主基準登録証について

全国自動車用品工業会自主基準登録証

本登録制度は自主基準登録制度運用委員会の規約に基づいて運用されています。
道路運送車両法の遵守を目的として、おもに自動車盗難発生警報装置やイモビライザーの適切な普及を図るため、国土交通省の定める「道路運送車両法 保安基準第43条の5盗難発生警報装置ならびに保安基準第11条の2第3項」に適合しているか否かにつき申請各社が試験を行い(試験機関に試験を依頼し)、試験成績証明書によって適合が認められた場合、当委員会において登録を行い車検対応カーセキュリティを証明する登録証になります。

適合マークについて

VAS基準に適合したカーセキュリティーでないと、今後車検に通らない場合もございますので、皆様には是非知っていただきたい保安基準です。 なぜそのような、基準ができたか。
自動車盗難、車上荒らしは年々増えつづけており、減少の傾向を見せる事を知りません。
その為、車輌に影響のない優秀な機器を安心して、お客様に使用していただくために、国が設けた基準となります。

VAS
VASとは VEHICLE ALARM SYSTEM (盗難発生警報装置)の事で、国土交通省が発表したカーセキュリティーのための保安基準の事をVAS基準といいます。
IMB
道路運送車両法 盗難発生警報装置技術基準およびイモビライザ技術基準に完全適合し、全国自動車用品工業会自主基準制度に登録された製品です。
技適マーク
国内で使用が認められている特定小電力無線機器にも、電波法により定められた技術基準があり、それに適合していなければなりません。適合した製品には技適マークが表示されています。Grgo-ZXⅢ/XⅢシリーズは全て電波法に適合しており、安心してお使いいただけます。