あおり運転対策できてますか?

あおり運転対策できてますか?

ドライブレコーダーの需要は年々高くなっており、現在であれば新車を購入する際にオプションで取付される方も多くなっております。
また、ディーラーさんによっては新車購入の際にサービスとしてドライブレコーダーをつけている方もおられると聞きます。
ディーラーさんでドライブレコーダーをつけたからといって安心しきっていませんか?
ドライブレコーダーにもいろいろと種類があり、どこまで取れるか等様々な違いがあります。
ドライブレコーダーの大きな種類の違いと、その用途についてご紹介をさせていただきます。

ドライブレコーダーにはどんな種類があるの?

ドライブレコーダーには大きく分けて4種類あります。

①前のみ撮影をする単体型のドライブレコーダー

②前後セットでのドライブレコーダー

③360°撮影タイプのドライブレコーダー

④ナビ連動型のドライブレコーダー

それぞれ用途や特徴、どういった状況に有効なのかご説明をさせていただきます。

単体型ドライブレコーダーの特徴

前のみ撮影のドライブレコーダーの特徴としては、

・商品自体の金額が安い。

・車屋さんであればだいたい販売されている。

・新車を買うときにオプションで取付をする事が出来る。

など、様々な特徴があります。

インターネット通販で数千円台で購入できるドライブレコーダーもあり、手軽に購入できるものが多いです。

もちろん本格的なメーカーさんが販売しているドライブレコーダーになると金額が数万円台になりますが安価なものに比べ、画素数の違いやGセンサーの有無、GPS機能の有無等、性能は格段に違います。

主に使われる用途としては、「万が一の事故の際に、事故の瞬間が撮影できているように」という形でつけられておりますので、あおり運転の対策としては少し力不足といえます。

もちろん「前で、蛇行運転をされた」や、「急ブレーキを幾度も踏まれた」というあおり運転に関しては撮影することが可能となります。

そのため、「自分の車の後ろに車間距離を詰めて走られる」や、「後ろから幾度もパッシングをされる」、「横からの幅寄せ」のようなあおり運転に関しては撮影が出来ない形となります。

前後セットのドライブレコーダーの特徴

前後セットで撮影可能なドライブレコーダーの特徴としては、

・後ろも撮影できるので、後ろからの事故を受けた場合でも撮影できる。

・後ろからのあおり運転も撮影ができる。

などの特徴があり、前しか撮影できなかったドライブレコーダーの弱点であった、後部の撮影も出来ることが非常に大きなメリットとなります。

様々なメーカーから前後セットタイプのドライブレコーダーは販売されておりますが、購入の際にはご注意点がありまして、リアのドライブレコーダーについてですが、リアガラスにスモークフィルムを貼っている方はフィルム対応のドライブレコーダーを購入してください。

もし、スモーク対応でないドライブレコーダーだった場合、事故が起きたが撮影が出来ていない可能性が御座いますので、ご注意ください。

このドライブレコーダーはオープンカー以外であればほとんどのお車に取り付けが可能となりますので、非常に人気が高いドライブレコーダーの種類といえます。

ですが、前後の撮影は可能なのですが、左右からの幅寄せなどをされてしまった場合撮影が出来ないので、左右の撮影には少し力不足なドライブレコーダーとなります。

360度撮影タイプのドライブレコーダーの特徴

360度撮影が可能なドライブレコーダーの特徴としては以下の通りです。

・360度カメラが撮影しているので、側面からの事故も撮影が可能。

・室内も撮影が可能なので万が一車室内で暴行を受けた場合でも犯人の顔や行動なども撮影が可能となる傾向が高いです。

このような特徴がありますので、前後だけではなく左右も撮影ができるタイプのドライブレコーダーになりますので、正面でのあおり運転、左右からの幅寄せなどのあおり運転、後ろからのあおり運転など様々なあおり運転に対応することが可能です。

然も優秀に見える360度のドライブレコーダーですが、フロントガラス部分にドライブレコーダーを取り付けするため、後ろ側の映像は室内を経由したうえで後ろを撮影しますので、どうしても距離が離れてしまい、ワンボックスタイプのお車の場合、撮影が厳しいケースも御座います。

現在では360度タイプにも前後セットの物もあり、唯一の弱点であった、後方の撮影も専用のリアカメラがつくことで実質、車の360度を撮影することが可能となります。

ですが、性能が上がっていることによって商品の金額も少し高くなってしまう部分がネックとなります。

ナビ連動型ドライブレコーダーの特徴

こちらの商品はナビにカメラの映像を映し出すことが出来ます。

カメラで正確に撮影ができているか不安な方はこちらのドライブレコーダーでカメラの角度を調整しながら取り付けするのをおすすめいたします。

こちらは前のみの撮影タイプだけではなく、後ろも撮影できるタイプも御座います。

ですが、商品によっては適合するナビでないと取り付けが出来ないことも御座いますので購入の際にはご注意が必要となります。

おすすめのドライブレコーダーはどのタイプ?

当社がおすすめするドライブレコーダーは前後タイプか360度タイプのどちらかがおすすめとなっております。

万が一の事故の時や、あおり運転対策には前後の撮影ができている方が安心になりますのでおすすめさせていただいております。

もし本格的にご検討を頂く場合、こちらの【お問い合わせフォーム】からお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせの際に【TPドラレコ】こちらのキャンペーンコードを入れて頂けましたら取付の工賃を3,000円OFFにてご対応をさせていただくことが可能となります。

ぜひご検討下さいませ。

 

TEL:072-830-6112
FAX:072-830-6113
MAIL:info@think-produce.com

北之馬

シィンクプロデュース

北之馬

この車業界で創業16年の会社に勤め勤続6年
19歳でこの業界に入り、培った電装知識とカーセキュリティの情報をお客様へお届けしております。
電装国家技師の資格保有者がいる、シィンクプロデュースのカーセキュリティエグゼクティブアドバイザーとして、ご来店頂いたお客様や、ご相談頂いたお客様の為になるお話が出来るように心がけております。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD