車のコーティングってなにがいいの?どんな種類があるの?

車のコーティングってなにがいいの?どんな種類があるの?

車を新車で買うときや、中古車で買うときにおすすめされるコーティングですが、色々な種類のコーティングがあり、どのコーティングが良いのか、自分の駐車状況にあっているコーティングはどれなのか、どのくらいの維持力があるのかなど、様々な疑問点や不安点があるかと思います。
今回の記事では、車のコーティングの特徴や種類のご紹介をさせて頂きます。

コーティングの種類にはどんなのがあるの?

コーティングや、ポリマー、ワックスなどいろいろな名前を聞くことがあると思いますが、それぞれどのような効果があるの?どういう違いがあるの?というご質問をよくいただきますので、下記に記載をさせて頂きます。

ガラスコーティングとはなに?

ガラスコーティングとは、読んで字のごとく、車の行面に硬化型のコーティング剤を塗布することで、ガラス被膜を形成することが出来るコーティングの事をいいます。

ガラス被膜が車のボディにつくことで、雨や風による剥がれなどを抑えることが出来る耐久力があります。

また、ガラスコーティングは紫外線にも強いので、車に施工をする事で、車の塗装が傷みにくいという利点がありますので、いつまでも車を綺麗に維持したい方にはお勧めできるコーティングだと言えます。

ガラス系コーティングってなに?

ガラス系コーティングはガラスコーティングとは似て非なるものです。

名前が違うだけで、実は全くの別物なのです。

ガラス系コーティングは、ポリマーの材料にガラス繊維を入れて構成されているコーティングになります。

通常の樹脂系ポリマーに比べるとガラス繊維が入っていることで、耐久性は上がっていますが、ガラスコーティングと比べると、紫外線に弱く、車両の塗装の耐久性が低くなってしまいます。

比較的ディーラ様などで施工されているのはこちらのガラス系コーティングが多いと言えます。

ポリマーコーティングってなに?

ポリマーコーティングは「ポリマー」という名前で良く耳にするかと思いますが、一般的に言われるポリマーコーティングは、樹脂系コーティングがおおいです。

特徴としては、フッ素やシリコンなどが含有された製品が多く、耐久性が高く、熱にも比較的強いと言われております。

量販店などでよく売られている液体ワックスはこのポリマーコーティングにあたります。

ご自身で施工が出来ることが特徴ではありますが、均等にお車に塗布するのが難しく、車両への施工では、塗りむらが出てしまい、均等に効果が出ない場合も御座います

カーワックスってなに?

カーワックスは、昔から長くある商品で、油脂系コーティングといわれているものが多いです。カーワックス系はカルバナ蝋というものを原材料にしているものが多く、車両の艶出しが安価にかつ簡単にご自身で施工できるのが特徴で非常に人気も高く量販電でもたくさんの種類が販売されております。

ですが、熱による劣化が起きるなど、耐久性はあまり高くないので、こまめにオーナー様で施工し直しをする必要があります。

車に施工するならどのコーティングがいいの?

色々な種類のコーティングがありますが、当社がおすすめするのはやはりガラスコーティングがおすすめといえます。

ガラスコーティングの中には撥水タイプと親水タイプ、疎水タイプ等様々なタイプが御座います。

詳しいコーティングの種類につきましてはまた別の記事にて記載をさせて頂きます。

北之馬

シィンクプロデュース

北之馬

この車業界で創業16年の会社に勤め勤続6年
19歳でこの業界に入り、培った電装知識とカーセキュリティの情報をお客様へお届けしております。
電装国家技師の資格保有者がいる、シィンクプロデュースのカーセキュリティエグゼクティブアドバイザーとして、ご来店頂いたお客様や、ご相談頂いたお客様の為になるお話が出来るように心がけております。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD